「俺は知ってるぜ」

前に進むだけで精一杯

シン・ゴジラ感想

シンゴジラ観ました。

 

f:id:mimiwaru:20170331181535j:image

 

以下感想。ネタバレ含みます。

 

 

 

庵野監督の、やりたいことが色濃く出ている映画だったなあと。

そういうとこ含めても大変楽しめました。

ふふふ、となりながら観た。

 

 

3.11があったからあの映画を撮ったんだろうな。

ゴジラという巨大生物(震災)による未曾有の災害に闘っていたのは、実は官僚だったりするんだよっていう表向きの表現も感じつつ

日本の縦割り政治をバカにしてるところも感じつつ。

 

でもねえ、庵野はずっと昔から同じことを表現し続けてるんだと思いました。

ゴジラエヴァ

なんじゃないかなあと。

 

現実と虚構か曖昧になってる今、これを撮りたくなっちゃったんだろうなあ

 

予告がわりとパニック映画的だったもんですから、そういうシーンがたくさんあるのかと思ってたけど、意外にそうでもない。

基本的には会議室とか。巨災対本部のシーンが主かな。

その汗臭そうな、臭いそうな現場感がとても良くて。

それもまた、ひとつのリアルですよね。

 

もっとゴジラに焦点を当てていると思って観た人は、え?っとなるんだろうな。

でも、あの庵野だからねえwそうなるわけないじゃん?w

エヴァ(アニメ版)の最後の方はほとんどエヴァが出てこなくて、ほとんどがシンジやアスカの心理状態みたいなものを表現していたけど、それをゴジラからも感じた。

ゴジラを凍結することに人間が団結して、犠牲を伴いながら進んでいくわけだけど

フォーカスされてたのって、そこだもんね。

もちろんゴジラを軸にしてはいると思うけど、そこに立ち向かう会議室でのやり取りだもんね、殆どが。

ゴジラという巨大生物のことを単純に好きなのは間違いないと思うけど。

 

しっかしゴジラは良かったなー!

形態が変わっていくのも良い。

第一形態がまた気持ち悪くてねー!

デカさも良し。

光線出したりする様子もまた。

口の開き具合も絶妙でした。

 

 

その、ゴジラが熱光線を出すシーン

流れる音楽が静か、という演出がまさに庵野だったな。

エヴァが暴走する時、今日の日はさようならが流れた時に匹敵する不気味さ。 

私はあれが大好き。

 

 

終盤にカヨコと話すアメリカ官僚が、

危機的状況は日本を成長させるんだな

的な、嘲笑するようなシーンがあったけれども

そこもまあずいぶん皮肉ったなあと。

よくそんなセリフ入れたわ。

 

ゴジラを凍結させるために使用した武器が新幹線だったり周りに建っている高層ビルだったり、在来線だったり、日本らしさが出てて、そのシーンが好きだった。

 

 

ただ、あんなに有名な人出す必要はあったのか疑問。

確認できなかった人いっぱいいた。

なんの意図があってだか知らないけども。

 

 

あとはね、わりと最近読んだからそう思うのかな?というところあるけど、ゴジラってちょっと、ナウシカを彷彿とさせるよね。

ゴジラって、放射性物質食べて生きてるんでしょ?でも、それを浄化する働きもあって、その効果は20日で抑えられる。

これって、動く腐海みたい。

と、思っていろいろ調べたら、同じようなこと書いてる人いて笑った。

ジブリで働いてたこともあるしね、庵野は。

だから余計にそういうこと思っちゃったよ私は。

 

 

好き嫌いは分かれそうだなーとおもったけど、

あの、読後感みたいなやつ。それが気持ちよくて好きだった。

カルテットの最終回見終えたときと同じ様な気持ちになった。

 

あ、あと、音楽好きです。

爆音で観ましたけど、あの恐怖心を煽る音楽、本当にすごい。よくできてる。

 

もう一度観たい。メイキングも確認したいからほんとはブルレイ買いたいよね…

多分また近々借りて観てみようと思います。また新たな気づきがありそうで。

広告を非表示にする