読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「俺は知ってるぜ」

前に進むだけで精一杯

カルテット最終回(加筆修正済)

毎週火曜日の楽しみが終わった

 

けど、カルテットはなんだかどこかで続いてるんじゃないかと思うような終わり方でしたね。

 

今回も暑苦しい内容になると思います。

 

 

 

これからわたしが弾く音楽は、これから先、全部灰色になる と思うんです

 

 

のっけから、真紀さんが出てくるのは

そのあとのゲストの第一バイオリンの方との対比を見せるためでしょうか。

 

1話をなぞりそうで、なぞならない始まり方。

ゲストの第一バイオリンの方を拾って、家森さんも途中で拾うけど家森さんマリコ(犬)にベロベロ舐められてましたねwww

女の子にチューしないんだ。舐められちゃうのね。犬に。

 

声の大きいゲストの方。

あ、はい。

という家森さんとすずめちゃんの返事。

こんな格好で弾けません

ときっぱり言ってしまうゲスト。

どこまでも真紀さんとの対比が描かれていて

「いなくなるのは、いないってことが続くこと。いなくなるのは、消えることじゃない。いない方が前よりいる」みたいな台詞が際立っていた。

 

 

鍋をつつくシーン。

すずめちゃんがしらたき(マロニーちゃん?)を取ろうとしても長くて

それを家森さんが切るっていう演出。

コロッケデート云々話ながらしらたき切るけど

このバイオリンはどうするんですか?って話になったら切らないんだよねえ。

ていうか、切れないんだろうなあ。

 

 

外から演奏する音が聞こえて走る真紀さんは、また東京でこける。生きづらさを象徴するかのようだなって思った。

 

白髪交じりの真紀さんが、3人を見つけて溢れてしまう笑顔とか

見つけた3人の顔とか

一旦引き返そうとする真紀さんの表情とか

突き刺さるようなお芝居でした。

この4人じゃなきゃダメだったんだろうなって

心からそう思った。

 

軽井沢帰ってきて、今なにやってるんですか?って真紀さん聞いて、みんなが話すところ。

その時の真紀さんの表情が…

怖かった。思いつめていくような、なんで、っていうような表情が見てて痛々しくて。

そして出てくるキリギリスとコーン茶。

1話を踏襲した流れでしたね。

あの日、コーン茶淹れなかった真紀さんがコーン茶、って言うんだよなあ。。 

 

坂元裕二は手紙で語らせるのがお得意ね!

差出人は、誰だっていいんだと思う。ああ言うことを書く人は世の中に不特定多数いるんだと思う。

手紙の主は趣味にしたアリにはなれなかったのかな…。泥沼のキリギリスなのかな。

 

でも、あの4人はどんだけ煽られたってステージやり遂げたし、伝わる人には伝わったんだよね。

ゾロゾロと客が帰っていく光景は、痛々しくもあり清々しくもあったな。

 

あの手紙の主も、帽子をかぶった女も、椎名林檎だって言う人いるけど

ちがうと思うなあ…

5年前に事変やめたから、奏者をやめたって話と繋がるとか書いてる人までいたけど、

椎名林檎自身は音楽やめてないしねえ…。

ていうか、あの帽子の女だって、誰でもいいじゃないか。

あの人は、誰々だ!って突き詰めるドラマじゃないだろ…。

 

 

すずめちゃんが、真紀さんに

なんでこの曲選んだんですか?

って聞いて、その答えが

溢れちゃったのかな

だったけど。

ここもグレーですなあ…。

死と乙女が、溢れた。

内緒だよって。

徹底的にグレー。すごい。

 

 

最後はまた、いつもの4人で。楽しそうで、またこの光景が見れて良かったって安心しました。嬉しかったな。

そしてまた、あのお皿に乗って唐揚げが出てくる。

パセリの話は笑ったけどw

最後、すずめちゃんがレモンかける。

不可逆がまたリフレイン。

 

レモンをかけた唐揚げは元には戻らない。

それは、すずめちゃんが言った

好きになったとき、人は過去から前に進む

っていう言葉とどこか響き合っているように感じました。

とっても開けた、希望のあるシーン。真紀さんが本当に楽しそうで良かったなー。

 

 

最後、あれ熱海だよね?

道に迷う4人。

その状況を笑っちゃうすずめちゃんが、全てを象徴してるんじゃないかと。

迷っても、グレーでも、生きてていいんだよって言われてるようで。

 

 

徹底的にハッキリしない、ずっとグレーだった。それが素晴らしかったと思います。

大人は秘密を守るんだよ。

のくた庵(割烹ダイニング!w家森さん結局あんな格好!ww)で、谷村夫妻に、真紀さんは無実なんだよね?って聞かれても、家森さんは

どうでしょうねえー?

って答えるんだよね。

1時間通して、答えが出そうなことは何もなかったように思う。

 

変に軽々しくなくて、いい終わり方でした。

 

 

 

 

最終回は、高橋一生のかわいさとかセクシーさが全開で、瀕死でしたwww

すずめちゃんと真紀さんをぎゅーってしたりとか

司くん呼びとか

ステージ上がってるときの真剣な眼差しと汗とか

たくさん、ありがとうございましたww

家森諭高が高橋一生で良かった。

 

 

f:id:mimiwaru:20170322094439j:image

 

いいドラマでした。サンキューパセリ!

 

はあー、やっぱり寂しいな。

こんなに真剣に見たドラマ、ちかえもん以来だったー。

 半年間、火曜日22時が最高のリフレッシュだったな。制作班の方々、お疲れ様でした!!!